【6年の間で】

みなさんこんにちは、留学生らぼです。

 

ついにiPhoneXsが発売されましたね!

 

ちなみに6年前の今日はiPhone5が発売された日でもあります。この6年間でiPhoneはどこまで変化したのでしょうか、8やXなどと比較しているところは多いので、こちらではどこまで変わったかについてお話させていただきます。

 

まず機能面ですが、iPhone5の時は指紋認証すらありませんでしたね。Xsでも指紋認証はありませんが、代わりに顔認証が付いています。大きさは5だと縦幅は123.8mm、横幅は58.6mmに対してXsは縦幅は143.6mm、横幅が70.9と明らかに大きくなっていますね。それに伴って重さもだいぶ変わりました。5の時は112gでしたが、Xs ではその約1.5倍の177gになっています。6年の間でいろんな意味で大きく変わりましたね。本体の大きさに関しては、YouTubeなどの動画をスマホで見る人が2012年に比べると明らかに多くなったのが影響していると思えますし、重さに関しても様々な機能が増えたので必然的に重くなったのでしょう。他にもイヤホンジャックが無くなったりホームボタンが無くなったりと見た目も大きく変わりましたね。

 

しかし、変わっていないもの部分も当然あります。例えばiPhone5からLightningコネクタが導入されましたが、Xsでもこれは変わりませんでした。でもそのうちこれも無くなるか変わりそうな気がしますね。

 

みなさんはiPhoneに関する思い出はありますか?

もしよかったら教えてください。

f:id:ryugakusei-shien:20180530101008p:plain