【イグノーベル】

みなさんこんにちは、留学生らぼです。

 

いきなりですが、イグノーベル賞をご存知ですか?

 

ノーベル賞ならご存知の方も多いと思います。物理学、化学、生理学・医学、文学、平和および経済学の「5分野+1分野」で顕著な功績を残した人物に贈られる賞ですね。しかしイグノーベル賞は人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究や風変わりな研究、社会的事件などを起こした10の個人やグループに対し、時には笑いと賞賛を、時には皮肉を込めて授与されるノーベル賞のパロディのようなものです。

 

そして今日、イグノーベル賞が発表されました。これまで日本人は11年連続で受賞者を出してきていましたが、今回も受賞者を出したので12年連続で出したことになります。ちなみに今年は「座った姿勢で大腸の内視鏡検査を受けると苦痛が少ないこと」を自ら試した昭和伊南総合病院の堀内朗さんが医学教育賞を受賞したそうです。

 

このイグノーベル賞は授賞式自体も変わっています。たくさんあるのでその中の1つを上げます。スピーチ中に制限時間が近づくとぬいぐるみを抱いた8歳の少女が舞台に上がってきて「もうやめて、退屈なの!」と叫んで妨害してくるそうです。ただしその少女に贈り物を渡して買収することが出来ればスピーチ時間は延長できるみたいですね。しかし買収されずに贈り物だけ持ち去られることもあるそうです。ちなみに「8歳の少女に罵られるのが最も心的ダメージが大きい」という研究結果があることから、スピーチを制止するのは必ず8歳の少女と決まっているそうです。

 

ちなみにみなさんは今年のイグノーベル賞で気になったものはありましたか?

もしよかったら教えてください。

f:id:ryugakusei-shien:20180530101008p:plain