【献血の日】

みなさんこんにちは、留学生らぼです。

 

昔は血も買取されていたことをご存知ですか?

 

今日、8月21日は献血の日となっています。その理由は1964年の今日、それまでの売血制度をやめ、全ての輸血用血液を献血により確保する体制を確立するよう閣議で決定されたからです。昔は血液銀行というものが各地にあり、献血した人に対して血を買い取ったとしてお金が支払われていたそうです。当時も今のように無償での献血もありましたが、そのような施設があるので無償での献血は急激に減っていたそうです。献血の呼びかけを街中でもたまに見かけますが、いつも血液が不足していると言っている印象があります。売血があれば解決しそうな気もしますが、なぜ売血はなくなったのでしょうか。今回はそれについてお話させていただきます。

 

売血制度があった当時は、生活費を稼ぐために売血を行なう人も多かったそうです。また、売血者や血液銀行自体にもモラルが薄かったと言われており、金銭目的のために短期間で採血を行なう人もいたそうです。短期間で採血を行なうと、赤血球が回復されないままの血に胆が混じり血液が黄色になるそうです。ちなみにこの黄色い血の原因のもう一つとして、覚せい剤を使用していたということも挙げられるそうです。今では信じられませんが、昔は今のように覚せい剤の法規制がなかったため、栄養剤という形で市販されていました。他にも覚せい剤を打つ時の注射針によって肝炎ウイルス感染が広まり、感染したものが献血を行なうことにより、問題は大きくなっていきました。その結果、売血は1964年の今日、なくなったのです。

 

ちなみに海外では今でも売血制度が行なわれている国もあるそうです。みなさんはこの売血制度をどう思いますか?

 

もしよかったら教えてください。

f:id:ryugakusei-shien:20180530101008p:plain