【もってしまっている国】

みなさんこんにちは、留学生らぼです。

 

本日は広島に原子爆弾が投下された悲しい日ですね。

 

これは人類史上初の都市に対する核攻撃でした。そして都市に対する核攻撃は世界でもこれまでに2回しかありません。それがこの広島と9日の長崎なので、日本は唯一核攻撃を受けた国になります。そしてこのような悲劇があったにも関わらず、核保有国は現在でもいくつかあります。今回はこの核保有国についてお話させていただきます。

 

まず初めに、世界では核兵器保有を認められている国もあります。それはアメリカ、ロシア、中国、イギリス、フランスの5ヵ国のみです。この5ヵ国が認められている理由は、核拡散防止条約に加盟しているからです。この条約は元々、核開発をしていた国の核軍縮、その5ヵ国以外の核の保有を禁止する条約だからです。

 

現在、核兵器保有を認められていないのに保有していることを表明している国は、北朝鮮、インド、パキスタンの3ヵ国です。この3ヵ国は核拡散防止条約に加盟していない、または脱退した国です。

 

核拡散防止条約があるとはいえ、結局のところ核兵器を持っている国はいくつもあります。そもそも条約自体も核兵器保有を一部の国に認めているので、核兵器をなくすことは難しいでしょう。だからこそ核兵器の被害にあった国である日本が、核兵器の脅威などを訴えていくことが大事なのではないでしょうか。そうすることで少しでも核兵器廃絶に近づいていくのかもしれません。

f:id:ryugakusei-shien:20180522145659p:plain