【金縛り】

みなさんこんにちは、留学生らぼです。

 

いきなりですが、幽霊を信じますか?

 

調べてみると今日は幽霊の日だそうです。理由は、1825年の7月26日に鶴屋南北作の『東海道四谷怪談』が江戸・中村座で初演されたことに由来しているそうです。昔の人も暑い日は怖い話などでゾクゾクしたかったのかもしれませんね。ちなみに現代でも心霊写真や金縛りの話などはテレビでも紹介されていますが、科学などの発達のせいで多くのことが解明されつつあります。今回はその中でも金縛りについてお話させていただきます。

 

まず初めにいってしまうと金縛りに関しては9割科学的に解明されています。簡単に言うと睡眠麻痺という睡眠障害です。人間の眠りはレム睡眠とノンレム睡眠から成り立っているのはご存知でしょうか。簡単に言うと、脳は活動しているけど体は休んでいるのがレム睡眠で、その逆がノンレム睡眠です。つまり、レム睡眠中に目が覚めてしまい、体を休ませた状態のままで意識が覚醒してしまうことが金縛りの正体なのです。体が休んでいる状態、つまり筋肉が休んでいる状態ならほとんど体は動かせませんからね。金縛りにあった方が息苦しかったということがありますが、人間は呼吸をするためにも筋肉を使うので当然と言えます。ちなみに恐怖や幻覚の理由などもある程度解明されていますが、専門的な話になってしまうのでここでは省かせていただきます。もちろん全部が解明されているわけではないので、幽霊の仕業も少しはあるかもしれません。

 

ちなみに科学的に金縛りに合う条件は、睡眠リズムの乱れなどが原因に挙げられます。ですから夏は暑さのせいで金縛りに合いやすい傾向があります。だからこそ夏は幽霊の話などが多くなるのかもしれませんね。

 

ある研究では、約4割の人が金縛りを経験しているそうです。

ちなみにみなさんは安眠のために取り組んでいることはありますか?

もしよかったら教えてください。

 

f:id:ryugakusei-shien:20180530101008p:plain