【ドラマといえば?】

みなさんこんにちは、留学生らぼです。

 

いきなりですが、あなたは日本のドラマと海外ドラマ(アメリカ)ではどっちが好きですか?

 

私の体感として、日本では自国のドラマよりも海外ドラマの方が人気なイメージがあります。しかし感情移入のしやすさなどから日本のドラマの方が人気なことも考えられます。今回は日本と海外のドラマの作り方の違いについてお話させていただきます。

 

まず製作費ですが、ある調査によると日本のドラマの平均製作費は3000万円、海外ドラマの平均制作費は3億円と大きな差があるそうです。この金額の差には理由があります。なぜなら日本のドラマは放送局が制作し、スポンサーを集めて放送するので放送局が著作権を持っています。しかし海外ドラマは制作会社が制作し、放送局に売る形をとっているので制作会社が著作権を持っています。つまり海外ドラマは、悪い作品だと赤字で終わりますが良い作品だと様々な可能性を秘めています。そしてこのことにより、ドラマの作り方も変わってきます。日本のドラマはスポンサーを集めるためにわかりやすいストーリーや知名度を利用したキャスティングを好む傾向があります。それに対して海外はいろんな放送局に買ってもらえるようにとにかく面白いものを作りこんでいく傾向があります。

 

次に放送期間や続編についてですが、海外ドラマは2クール(23話前後)もあり、人気があるとすぐに続編の制作を決定しますが日本のドラマは1クール(11話前後)で続編もなかなか決定しません。これに関しても先ほど触れたドラマの作り方に原因があると考えます。スポンサーを集めるために知名度を利用したキャスティングをするとなると、放送局同士で役者の取り合いになってしまいます。結果として撮影期間も短くし、続編もなかなか作りづらい状況になっているのだと考えます。

 

みなさんは好きなドラマはなんですか?

もしよかったら教えてください。

f:id:ryugakusei-shien:20180530101008p:plain