【暑さナンバーワン】

みなさんこんにちは、留学生らぼです。

 

まだ梅雨も明けてないのに暑すぎる!

 

昨日は那覇では今年最高の32.7度を記録したそうです。それだけでなく熱中症の注意喚起第1号も発表したそうです。今日も一部では30度を超す予報も出ているので、みなさんも熱中症には気を付けてこまめに水分補給してくださいね。ちなみに今回の那覇の気温を見て1つ疑問が浮かびました。それは「日本のこれまでの最高気温と世界での最高気温は何度だろう」ということです。今回はこの2つに関してお話させていただきます。

 

 

まず初めに日本での最高気温ですが、2013年8月12日に高知県四万十市(しまんとし)江川崎で記録した41度だそうです。ちなみにこの四万十市はこれまでの最高気温を記録した町「熊谷(くまがや)市(埼玉県)」「多治見市(岐阜県)」「山形市(山形県)」と共にアツいまちサミットというものを組織しているみたいです。

 

次に世界最高気温ですが、ジブチ共和国で記録された71.5度です。ちなみにこの温度は温泉卵を作るのに適している温度と同じくらいです。イメージとしては温泉卵を作れるような熱湯を常に被るイメージですね。ちなみに最高気温だけじゃなくて平均気温が高く、年間で30度だそうです。日本で熱いと感じた温度が平均温度なんて私には耐えられそうにありません。そして夏の平均気温は50度だそうです。ちなみに夏といえば海やプールですが、ジブチ共和国では真夏だと暑すぎて熱湯になるためにプールが閉鎖されることもあるそうです。

 

みなさんは暑くてたまらないときにどんな暑さ対策をとっていますか?

もしよかったらおしえてください。

f:id:ryugakusei-shien:20180530101008p:plain