【寿司の起源は日本じゃない】

みなさんこんにちは、留学生らぼです。

 

いきなりですが「寿司」ときいてどこの国を連想しますか?

 

日本と答えた方が多いのではないでしょうか。しかし、タイトルにも書いてある通り、寿司は日本が始まりではないのです。今回はこの寿司の歴史についてお話させていただきます。

 

寿司は日本では奈良時代(710~794年)に中国から伝わってきたといわれていますが、実は寿司自体は、紀元前4世紀ごろに東南アジアの山地民族の間で生まれていたそうです。現代では寿司と聞くと海を連想する方が多いと思うので予想外ですよね。

 

ちなみに寿司の語源は酢を混ぜたご飯の酢飯からきており、時代が流れるうちにいつの間にかめが無くなって寿司と呼ばれるようになったそうです。それなのに「酢飯」と書かずに「寿司」と書かれるのが当たり前になっていますね。しかし、寿を司ると書いて寿司なので縁起がよさそうなのでこちらが当たり前で良かったと思います。

 

寿司自体、最初は甘酢で味付けしたご飯に川魚などをのせて一晩漬けた「なれずし」が主流だったそうです。今の握ってしまえばすぐ食べられる寿司は、江戸時代末期に屋台から誕生したらしいです。屋台で売られていた寿司でしたが、第2次世界大戦以降は屋台での生ものの取り扱いが禁止になったため、店の中に屋台を持ってきて寿司は提供されるようになりました。その名残が、今の寿司屋のカウンターであるとも言えます。

 

みなさんは寿司では何が好きですか。また日本以外で見たお寿司で奇抜なものはあったりしませんでしたか?

もしよかったら教えてください。