【マンガの歴史】

みなさんこんにちは、留学生らぼです。

 

いきなりですが、初めて読んだマンガは何ですか?

 

今の日本には数えきれないほどのマンガがあり、次々と新しいマンガも出るので人によって、または時期によって答えは変わると思います。今では生活の中に当たり前のように存在しているマンガですが、いったいマンガとはいつ誕生したのでしょうか?今回はマンガの始まり、マンガの歴史をお話させていただきます。

 

日本最古のマンガ、それは「鳥獣戯画」と言われています。今のマンガと比べるとマンガ?と思う人もいるかもしれませんが、今のマンガと同じ表現が大量に使われているのです。例えば、早く動いていることを表現するためにたくさんの線を引いていたり、喋っていることを表現するために口元に線をいれたりです。あとは今では当たり前のことですが、同じキャラクターを何度も書いて時間経過を表してもいます。

 

日本最古のマンガは「鳥獣戯画」ですが、それでは今のマンガに多大な影響を与えた人は誰でしょうか。その方は手塚治虫だと考えます。なぜなら現在日本で活躍している多くのマンガ家が影響を受けている「ドラゴンボール」の鳥山明や「ドラえもん」の藤子不二雄、「天才バカボン」の赤塚不二夫といった方々は、みんな手塚治虫のマンガの影響を受けているからです。ちなみにマンガ以外でも、「仮面ライダーシリーズ」の石ノ森章太郎や「ガンダムシリーズ」の富野由悠季、「ジブリ」の宮崎駿にも影響を与えており、マンガどころか多くのポップカルチャーに影響を与えた人物であるとも考えます。

 

みなさんはどんなマンガが好きですか?

もしよかったら教えてください。

f:id:ryugakusei-shien:20180522145659p:plain