【和の月】

みなさんこんにちは、留学生らぼです。

 

いきなりですが「皐月、水無月、文月」の中で5月を表す言葉はどれでしょう?

 

みなさんわかりましたか?

正解は「皐月」です!

ちなみに「水無月」は6月、「文月」は7月です。

 

これらの月を表す言葉を和風月名と言います。今現在、私たちが使用している暦はグレゴリオ暦という太陽暦ですが、日本では昔は太陰暦を使用しており、この和風月名を使用していました。今回はその和風月名の由来の代表的なものを、各月ごとに紹介させていただきます。

太陰暦で使われていたものなので、現在の季節感とは1,2か月ほどずれがあります。

 

 

1月・睦月(むつき)

→ 正月に親戚一同が集まって親睦を深めるという「睦まし月」

2月・如月(きさらぎ)

→ 衣更着とも言い、まだ寒さが残っていて衣を重ね着する月

3月・弥生(やよい)

→ 草木が弥(ますます)生い茂る月

4月・卯月(うづき)

→ 卯の花が咲き誇る季節

5月・皐月(さつき)

→ 早苗(稲の苗)を植える月

6月・水無月(みなづき)

→ 田に水を引く月(無はのを表し、水の月という意味)

7月・文月(ふみづき)

→ 七夕が書道の上達を願ったものであり、その風習にちなんで

8月・葉月(はづき)

→ 木々の葉が落ちる月

9月・長月(ながつき)

→ 夜が長い月

10月・神無月(かんなづき)

→ 全国の神様が出雲大社に集まるので、各地の神様が留守にする月

11月・霜月(しもつき)

→ 霜が降り出す月

12月・師走(しわす)

→ 12月は坊主や教師が忙しくて慌ただしく駆け回る月

 

このように、各月の名前には様々な理由があります。しかしこれらは有力な説というだけなので、まだまだ他にも理由はあります。もし興味があったら調べてみてもいいかもしれませんね!

 

みなさんは、この和風月名で好きな言葉はありますか?

よかったら教えてください!

 

f:id:ryugakusei-shien:20180522145659p:plain