【シンガポールは星の国】

みなさんこんにちは、留学生らぼです。

 

いきなりですが「亜・良・秘」この中で、アルゼンチンを表している漢字はどれでしょう?

 

みなさんわかりましたか?

正解は「亜」でした!

ちなみに「良」はラトビア、「秘」はペルーです。

 

このように日本では様々な国を漢字一字で表現しています。有名なものだと、「英」のイギリスや「中」の中華人民共和国などがあり、基本的には発音や漢字で国名を書いた際の頭文字を使っています。国とは関係のない漢字を使うことが多いので、漢字だけでは予想もできないものばかりとなっています。

 

例えば、アメリカは「米」ですね。これだとアメリカはお米が主食の国みたいに見えてしまいますし、ニュージーランドは「新」と書くので、新しい国?の印象を与えてしまいます。マレーシアでは「馬」なので、馬に関係があるのかなとも思ってしまいます。

他にも、シンガポールを「星」や、アイルランドを「愛」と表すなど、様々な文字が国を表しています。

 

しかし、いくつかは例外もあります。アイスランドだと「氷」と書きます。これはIceを日本語訳した文字をつかっている例です。他には、エジプトの「埃」は、砂埃が吹き及ぶ土地というイメージから付けられたという話もあります。

 

ここではいくつかあげましたが、まだまだたくさんの国が漢字で表現されています。

みなさんは他の国のことを漢字一字で表現されたものをみて、不思議に思ったことはありませんか?

もしあったら教えてください!